ザイロリックを市販で購入したい方におすすめの通販サイト

痛風の薬ザイロリックを市販で購入したい方におすすめの通販サイトはオオサカ堂です。

オオサカ堂なら海外のザイロリックが格安に購入できます。

体験談~飲み始めに痛む場合があるのはザイロリックの効果が出ている証

健康診断のたびにじりじりと高くなった尿酸値があるレベルに達したところでザイロリックを飲み始めるようになりました、尿酸値が高い自覚症状といえば小さな尿管結石以外ではなんとなく足の親指が痛むような時もあるなといった曖昧なものでした。

病院で処方したもらったザイロリックは初めのうちは1日に1回夕食後だけだったのですが3週目からはずっと1日に2回朝食と夕食後になってしまいました。

味も匂いもなく食事の後でコップ1杯の水で飲むようにという注意以外は特に意識していませんでしたが、3週目の中頃になって急に左足の親指の付け根がはっきりと痛くなり、翌日にはまともに歩くもの難儀するほどとなり、さらには靴が履けぬほど腫れ上がってしまいました、色も赤いというよりは赤黒い感じで触ると熱く、なにより痛いのです、寒い時期だったので寝る時に布団を被るとそれが足に触れると飛び上がるほど痛くてなかなか寝付けなかったのをよく覚えています。

病院では薬の効果で尿酸値が下がっていくと、今まで関節に溜まっていた尿酸が溶け出してくるので痛風発作が起きるのであり、薬の効果で尿酸値が確実に下がっている証で、体が正常な状態へ戻る過程なのだと説明を受けて納得したものです。

その時は数日で治まるだろうからと腫れと痛みを抑える飲み薬とゲル状の塗り薬を貰いました。

正直なところ生涯これほど痛い思いをしたのは他になく、手首を骨折した時とは比較にならないほどの痛みに痛風の怖さを思い知りました。

その後、言われたように数日で治まることはなく腫れは3週間ほど、痛みは更に1週間ほども続きましたがやっと元の状態へと戻り、高かった尿酸値も問題のないレベルにまで下がりました、このままずっとザイロリックを飲み続けることになりますが、お酒は極力控えて少しのダイエットと薬を毎日飲み続けていれば痛風の痛みに苦しむことはたぶんもうないだろうと言われたのでホッとしています。