クラリスロマイシンを販売している通販サイトはたくさんありますよね。でも、たくさんあり過ぎて、どこが最安値でおすすめか分かりませんよね。そのため、最安値のサイトを調べてみました。
参考にしてくださいよね。

早速ですが、わたしがおすすめの通販サイトはオオサカ堂でした。

クラリスロマイシンの体験談

東京都在住のPONちゃんから体験談をいただきました。

わたしは40代男性の会社員です。
昨年、扁桃炎になった際に医者から処方をされてクラリス(クラリスロマイシン)を飲みました。
クラリス(クラリスロマイシン)はマクロライド系と呼ばれる系統の抗生物質で、扁桃炎以外にも皮膚や鼻の感染症にも幅広く効果を発揮するのが特徴のようです。また、単に感染症を抑えるだけでなく炎症も抑える効果があるそうです。ですので、発熱などによる痛みや苦しさを軽減してくれる効果も期待されています。私は数年に一回定期的に扁桃炎になってしまう弱い体質ではありますが、何となくこれまで飲んできた抗生物質の中ではクラリスが最も良く効くようなきがしています。扁桃炎になると毎回熱が40度以上は続きます。その間、ほとんど食事も出来ず、全身の痛みに耐え、脱水状態の苦しみにもがきながら過ごすことになりますが、クラリスを1週間ほど飲み続けると大体楽になり症状も緩和されます。以前は、医者嫌いな私でしたので、扁桃炎になっても自力で治すようにしていましたが、その時には10日以上も40度の熱が続いて体重も5kg程落としてしまうということがありましたので、それと比べればクラリスの有効性は高いのだと改めて実感をしています。ただ、クラリスだけではありませんが、抗生物質には使い過ぎると耐性菌が発生してしまうリスクがあると処方をしてくれた医者が言っていました。耐性菌というのは一定の割合で発生するので、多くの人が効くからと言ってクラリスばかりを長期間飲んでいると、耐性菌が増えて、それがまた多くの人に伝染しどんどんクラリスが効かない人が増えていってしまうそうです。ですので、他のちょっとした風邪の時にクラリスを欲しいと頼んだことがありましたが、それは出来ないとはっきりと断られてしまいました。
私がクラリスを飲んでいる間は、副作用らしき症状はほとんどありませんでした。扁桃炎でしたので、副作用なのか症状なのかあまりわからなかったというのもあります。飲み始めてからは何となくお腹のあたりがムカムカと気持ちが悪い気がするという程度のものでした。お薬を購入した薬局で言われましたが、不整脈や肝機能異常、皮膚の湿疹等が体質によっては現れるそうなので、その点は注意が必要とのことでした。
また、薬の味はそれほど感じませんでしたが、薬局のアドバイスによると柑橘系のジュースとの飲み合わせは苦味が増すのでやめたほうが良いとのことでした。
いずれにせよ私にとってこれまでもこれからもお世話になる抗生物質です。