セフゾンカプセルって処方箋が必要な医薬品でAmazon(アマゾン)や楽天のような普通の通販サイトでは販売していないし、普通の薬局、薬店、ドラッグストアでは販売していません。
病院に行って処方してもらわないといけないのですが、海外の個人輸入代行サイトからも購入することができます。
わたしが買っているのはファミリーファーマシーグローバルというサイトです。
ここは日本の薬を個人輸入してくれるサイトで、いつも使っている薬が買えるので安心です。
日本語で住所、氏名を入力してクレジットカードで支払いすれば、簡単に買えます。
会員登録しておけば、住所、氏名の入力は1回でいいです。

欠点は
保険が効かないこと。
そのためセフゾンカプセルは20カプセルで4,290円かかります。
初診料とか診察代はかかりません。

あと、注文から到着まで時間がかかります。だいたい、一週間から10日はかかります。

必要な方は早めに買っておいたらいいと思います。

>>セフゾンカプセルの通販はこちら

もっと安く買いたいなら、ジェネリック品のセフジニルカプセルがおすすめ


4,290円は高い!
もう少し安くならないかという方にはジェネリック品のセフジニルカプセルがおすすめです。

20カプセルが2,968円(送料無料)で買うことができます。

<>>セフジニルカプセルの購入はこちら

セフゾンカプセルの体験談

わたしは東京都大田区在住の40代主婦のカオリンと申します。

以前、親知らずを抜歯したときの、細菌感染を防ぐことを目的として、処方された抗生物質がセフゾンカプセルでした。

セフゾンカプセルは、細菌の細胞壁の合成を阻害して細菌の増殖をおさえる働きがあり、通常は呼吸器感染症、耳鼻科領域感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられているそうです。

実際、処方していただいた分量をちゃんと毎日欠かさずに用法を守ってきっちりすべて飲み切るようにとの指示がありましたが、抗生物質というのは途中でやめてしまったり、自分で飲み方を変えてしまったりしてしまっては、効果が出ないとのお話でした。

その日からしっかりと飲み続けていたのですが、どうやら、お腹の調子が良くなくなってきていることに気づきました。

というのは、便秘がちになっただけでなく、腸内が全く動いてくれないといったトラブルに見舞われてしまったのです。

もちろん、抗生物質を飲んでいる間だけのことで、その後は、またお通じももとに戻ったため、事なきを得ましたが、あのまま腸閉塞などの原因になっていたかもしれないと思うと、恐ろしかったなと今更ながら思い起こすときがあります。

おそらく、実際に聞いたり、根拠があってのことではありませんが、自分自身で考えついた原因としては、抗生物質の効果が、腸内環境に存在している腸内細菌叢に対してもアタックしてしまったがために、悪玉菌だけでなく善玉菌、日和見菌までも動きが弱められてしまっていたのではないかと想像しています。

事実、そのあとは、何事もなかったかのように、おなかが動いてくれるようになりましたし、抗生物質の効果が続いている間の、便秘薬や浣腸といった方法での便通の確保・維持がすごく嫌でした。

もし、今後同じような抗生物質を処方してもらうような機会が訪れたときには、まず医師にしっかりとそのときのことを伝えて、相談したうえで、自分に合った抗生物質を処方してもらうと思っています。

また、セフゾンカプセルには、もう少し薬価の安いジェネリック医薬品であるセフジニル錠100mgなども存在することを知ったため、できることであれば、医療費をリーズナブルに抑えたいと思いますので、今後はその旨も伝えてみたいです。

すべてのお薬には作用があるのと同様に副作用が存在しています。だからこそ、種類がたくさんあり、その中から自分に適合するお薬を選んでもらうことの必要性があるのだなと、あらためて実感させられるエピソードとなりました。